フューチャリズム

フューチャリズムは登録年齢や居住地に制限あり?【結論:あります】

「フューチャリズムのキャリア面談に申し込もうと思うけど、その前に年齢や他の条件に制限はないのかな?」

こんな疑問にお答えします。

こちらの回答ですが、タイトル通り「制限があります」というのが回答です。せっかく申し込んだのに、お断りされてしまっては悲しいですよね。

そうならないためにも、もう一度フューチャリズムに応募する条件を説明していきます。

フューチャリズムを申し込む上での主な条件

フューチャリズムのキャリア面談に申し込む上では、主に3つの条件があります。

①1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に在住していること

②年齢が50歳以内であること

③エンジニアの実務経験があること

①1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に在住していること

フューチャリズムが運営するポート株式会社は全国展開はしておりませんし、物理的に東京に来れる方のみが対象となります。なので、13県以外にお住まいの方はキャリア面談に申し込まれても、キャリア面談を行う場所は主に東京なので行くのがかなり大変です。ここは要注意ですね。

②年齢が50歳以内であること

これはフューチャリズムだけに限らず他の会社、そして転職市場などにも言えることですが、年齢は若ければ若いほどチャンスがあります。

転職市場においては、30歳以上から転職するのがキツくなると言われているくらいですから、年齢はやはり重要です。

これはあくまでも、世の中をおおまかに見た時に言えることですので、スキルがそれなりにあるのであれば、50歳以上でも評価して採用してくれる企業も存在するかもしれません。

ただ、その中でもフリーランスは転職と違い、スキルがかなり見られます。(言い方を変えると、ほとんどそこしか見られません)世の中には、若くてスキルが高い人はたくさんいますから、最終的な選考条件には年齢は少なからず関係してくるものだと考えた方がいいです。

③エンジニアの実務経験があること

フリーランスは②でも説明しましたが、スキルがかなり見られます。特にエンジニアは「実務経験」のありなしで、採用されるかどうかが決まります。そもそも未経験なのであれば、最初からフリーランスになろうとするのはリスクが高いですし、未経験であるにも関わらず、フリーランスとして雇ってくれる企業は0に等しいです。

世の中でフリーランスになる人のパターンは最初に実務経験を通して、スキルを磨き、そこから独立という場合が一番多いです。なので、未経験の方はまずは現場で経験を積むことを意識していきましょう。

 

フューチャリズムでキャリア面談をオススメする人

少し長くなりましたが、まとめます。フューチャリズムのキャリア面談は

①1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に在住しており、

②50歳以上ではなく、

③エンジニアなどの実務経験がある

という方ならキャリア面談をオススメします。

「フリーランスとして、自分自身のキャリアに少し不安があるけど、それを相談できる人が周りにいない…。」

というような方はキャリア面談で早期に将来の悩みを解消しましょう。