フューチャリズム

フューチャリズムの「キャリア面談」とは

フューチャリズムでは、登録後に専門コーディネーターとキャリア面談をする機会があります。

ですが、「キャリア面談」というと、何を話すのか想像しづらい方もいると思うので、説明していきます。

キャリア面談とは

フューチャリズムのキャリア面談では、スキルやフレームワーク、開発環境などの細かい単位でも市場動向をつかんでいるコーディネーターがあなたの相談の現状に関して、ヒアリングをします。

そして、「報酬、能力、経歴」の主に3つの視点から、あなただけにあった案件を提案してもらえます。

他のサービスであれば、報酬が高いからという理由だけで案件をオススメされることも多々あります。そんな中、フューチャリズムでは案件を現在と将来の需要動向を見ながらの提案となります。

そのため、高単価の報酬という目先の数字だけでなく「長い目で見たらより稼ぎ続けられるスキルの習得もしましょう」というスタンスで案件をオススメされます。

よくよく考えたら、今高単価の報酬で仕事をしているフリーランスの方も、現在の需要が供給を大きく上回っているために単価が高いと考えられます。

ですが変化のはやい今の時代では、そこにとどまっていたら、逆に供給が需要を上回ることで希少性がなくなり、結果稼げなくなる恐れがあります。

これからフリーランスとして生きていくと決めたら

フリーランスは会社員と比べたら自由ですし、比較的収入も上がる傾向にあります。ですが、フリーランスとして稼ぎ続けられるかは、どれだけ先を見据えて行動するかが鍵となります。特にエンジニアの世界は、技術の移り変わりが激しいこともあり、自らスキル習得をしていかなければ生き残ってはいけません。

そんな時に、自分のキャリアを明確にした上で、世の中の市場動向を把握できていたらどうでしょうか。どうみても、間違いなくフリーランスとしての実力はついていきます。

ただ、これは自分自身の考えももちろん必要ですが、より専門性の高いところから客観的な視点でアドバイスをもらわなければ、的外れなキャリアプランを描くことになってしまいます。

そうならないためにもはやめに軌道修正をしていくことが、一番の未来の安泰につながります。

まとめ:フューチャリズムのキャリア面談は受けるべし

何度もいいますが、フリーランスでい続けるためには、自分のスキルが市場の中でどう評価されるのかは知っておいた方がいいです。さらにいうと、これを知らないでフリーランスのスキルアップを図ろうとすると、遠回りする確率が増えます。
理由は全く需要のないスキルを磨こうとしていることに気づけないからです。

こうならないためにも、案件を受ける受けないは別として、フューチャリズムの面談は無料なので、一度コーディネーターと話してみてください。